田辺市・紀南ナビ - 田辺市出身者によるナビ

龍神温泉 下御殿

昔々、難陀龍王の夢のお告げに導かれ、開かれた龍神温泉は、昔から愛され続けてきた下御殿です。「なつかしきを尋ね、宿心を知る」をテーマに、昔ながらの良さを現代に伝えてくれます。

この温泉は、日高川の渓流に面した露天風呂やひのき風呂、御座敷風呂などで知られ、日本三美人の湯として名高いです。和と洋の特別室や、清流の日高川を眺めながら入浴できる露天風呂客室もあります。全ての客室が日高川に面し、四季折々の美しい変化を感じることができます。

山あいの里らしい山菜料理や川魚、ボリュームたっぷりの会席料理が主役です。季節ごとに変わる献立には、夏は鱒のあらい、冬はぼたん鍋や鹿肉など、山の幸が満載です。

龍神温泉は、役の行者が発見し、弘法大師が難陀竜王の夢のお告げにより開湯したとされる、1300年にわたる由緒ある温泉です。江戸時代には、紀州藩主徳川頼宣公が愛用し、藩費を投じて宿を建てさせ、長い間藩主たちの別荘地として親しまれてきました。湯はアルカリ性炭酸泉で、ラジウムを豊富に含有。群馬県の川中温泉・島根の湯の川温泉と並ぶ、日本三美人の湯のひとつとされています。肌を滑らかにし、体内から美しさを引き出すその効果は素晴らしく、美しい自然に囲まれた中で、身も心もリフレッシュできる休日をお過ごしください。

価格8,800円~
レビュー件数227件
レビュー評価4.6点
住所和歌山県 田辺市龍神村龍神38
ダイナミックパッケージ交通手段付きはこちら
アクセス紀伊田辺駅から龍神バスにて80分/車で、有田ICから新宮方面へ県道34号、R424、425、371を経由して約90分

龍神温泉 下御殿 龍神温泉 下御殿

寛永16年創業。日本三美人の湯で有名な温泉は、美肌、美白効果高く、女性に大変人気です。